スポンサードリンク

2008年5月28日水曜日

送風機の保守・点検

ビル・マンション等に使用されている送風機ですが、定期的な点検とメンテナンスによって更に寿命をのばすことができます。

ここでは、日常の点検についてと、定期的に交換したほうがよい部品、主要な部品についての耐用年数などの説明をしています。


※送風機の点検・メンテナンスの際には、必ず元電源を落としてください!
※点検・メンテナンスには専門知識が必要になってくるので、専門業者に依頼するようにしましょう。

送風機の日常点検

送風機の日常点検についてですが、送風機は毎日起動しています。
1回起動すると、何時間も連続運転をしたり、何回も起動・停止を繰り返しているんです。

毎日の運転状況を見ていると、ちょっとした異常が早期発見でき、大事に至る前に修理することができます。

まずは、運転日誌・チェックリストなどをつけていきましょう。

送風機の運転状態を見るためには下記の項目を確認するようにしてください。
1.電圧  (V)は規定電圧に収まっているか。
2.電流値  (A)は定格電流値内に収まっているか。
3.ボルトナットの緩みはないか。
4.振動・騒音がいつもと比べて大きくないか。
5.Vベルトが緩んでないか。
6.軸受部の温度が異常に熱くなっていないか。
7.制御盤部のスイッチ類は適正位置になっているか。

以上の項目を点検していると、おかしいと思うときにはすぐに判断できるようになります。

送風機の定期点検

送風機の定期点検は、少なくとも1年に1回は行なってください。

点検内容は、日常点検の項目の他、次の点に注意してください。

1.軸受へのグリース補給、交換又は、潤滑油(オイル)の補給、交換
2.芯出しの再点検とVベルトの点検
 Vベルトの磨耗、傷み及び張り具合を確認し、必要に応じて取替え、張り直しを行なってください。
また軸継ぎ手ゴムの磨耗具合も確認してください。
3.バネカップリングなどのグリース補給、交換
4.羽根車ボスと軸かん合部のガタの程度の確認
5.羽根車、軸などの腐食、磨耗を調査。
6.送風機内部の清掃、錆び止めなどの補修。

Vベルトは、初期伸びがありますので、交換後、運転開始から数日後に再度、張り調整が必要です。

送風機・部品の耐用年数

一般的な標準耐用年数です。

・送風機 本体      10年
 ∟Vベルト        10000時間又は2年
 ∟ベアリング      15000時間又は3年
 ∟カップリングゴム   3000時間